筋肉を作るタンパク質

 

 

タンパク質とはアミノ酸が多数連結して出来た化合物であり、生物を構成する必須の成分。炭水化物、脂質と並び身体づくりに重要な三代栄養素の一つです。
一般に筋肉を構成するものとしてよく知られ、筋力アップまたは筋肉の修復に必要な栄養素としてスポーツ選手や新陳代謝を高めるためダイエットに用いられる栄養素です。
摂取量は成人の場合、体重1kgあたり1gが適量とされていますが、スポーツ選手やハードな筋力トレーニングを行っている人では体重1kg当たり2gを摂取する必要があるといわれています。
食材で多く含まれている物は、魚、肉、大豆などです。動物性と植物性に分けられており人間の体が吸収しやすいのは動物性と言われています。よって筋力アップを望むのならば魚や肉を中心に摂取するほうが効率が良いといえます。
アスリートや筋力トレーニングを行っている人の場合、実際は食事だけでは充分な量を摂れない場合が多く、サプリメントであるプロテインを併用して補う必要があります。また、炭水化物と一緒に摂取しないとうまく吸収されません。肉、魚、あるいはプロテインだけを摂取しても吸収されず排泄されてしまいます。
効率よく吸収するためには炭水化物、ミネラル、ビタミンなどバランスのとれた食事を摂ることが求められます。