しっかり朝食を摂りましょう

 

 

皆さんは朝食を食べていますか?朝ギリギリまで寝ていたりして食べないという方も多いかと思いますが、食べないとどうなるのでしょうか。午前中に勉強が頭に入らない、仕事に集中できないというような症状がある方は、もしかしたら朝に食べていないことが原因かもしれません。脳のエネルギーはブドウ糖なので、これを摂らない限りしっかりと頭が働いてくれません。また、最近多くなっている「キレる」のも脳の栄養不足が原因の一つだと言われています。そして、ダイエットをしている方ほど朝は食べたほうが良いと言われています。一食抜いたほうが痩せるのではないかと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そうとも言い切れないところがあるのです。というのも、1日2食になることによって体は飢餓モードになっているため、いつもより栄養を吸収しようとするからです。たとえば、夕食を19時頃食べ、朝に何も食べないで昼12時の昼食を迎えると、17時間もの間何も食べていないことになります。そうすると、体は飢餓モードとなっているので、食べた分の栄養素を一気に取り込もうとしてしまうのです。そこで、こってりしたものや脂ものなどを食べてしまうと、より一層体に良くないことは容易に想像がつくでしょう。長時間何も食べていない、およそ断食に似た時間を過ごした後にいきなりそういったものを食べることはダイエットにもよくありませんし、消化器官の負担を考えても良いとは言えません。このように、食べない時間が長くことによって体には色々な弊害が出てきますので、3食きっちりと食べることで体が本来の働きが出来るようにしていくことが重要です。